青天白日@マッコイさん

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ヒーローを創ろう(1) ~能力値~ ヒーローを創ろう(3) ~各技能の説明(戦闘系・運動系・盗賊系)~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit   

Comeback Fighting Fantasy!

ヒーローを創ろう(2) ~技能~

 
 ヒーローを創ろう(1) ~能力値~ ヒーローを創ろう(3) ~各技能の説明(戦闘系・運動系・盗賊系)~
☆技能☆

どんな人でも、隣にいる人に比べて得意な長所があります。ヒーローにとってもっとも重要となる得意分野は、選択した武器での戦闘、冒険に必要な能力(例えば、音を立てずに歩いたり、壁を登ったり、罠を感知したり、暗闇の中で物を見通したりする能力です)、そして、魔法の呪文をかけることでしょう。『Comeback Fighting Fantasy』では、これらの能力を、ヒーローに技能を選ばせることによって表現しています。

技能には★/★★/★★+/★★+Sの技能ランクがあり、ランクが上昇するにつれ、ヒーローは様々な恩典を得ます。どんな特殊技能でも★★以上であれば、その技能は非常に熟練していることになります。★★+以上に達すればその腕前が周囲に認知されて、人々からの尊敬(または悪評?)を得ます。最終の★★+Sランクに達するところまでに至れば、それらの恩典に加え、技能の発展進化形であるスペシャル技も繰り出せるようになります。

ちなみに、各技能ランクの読み方は以下の通りです。
技能ランク★=ぎのうらんく・ほし
技能ランク★★=ぎのうらんく・ほしほし
技能ランク★★+=ぎのうらんく・ほしほし・ぷらす 
技能ランク★★+S=ぎのうらんく・ほしほし・ぷらす・えす

技能ランク★=技術/対抗チェックボーナス+1
技能ランク★★=技術/対抗チェックボーナス+2
技能ランク★★+=技術/対抗チェックボーナス+2、名声チェックボーナス+2
技能ランク★★+S=技術/対抗チェックボーナス+2、名声チェックボーナス+2、スペシャル技を習得


ヒーローは、原技術点12ならば10 ランク分、原技術点11ならば11ランク分、原技術点10ならば12ランク分の点数を、選択した技能に最大★★+Sまで割り振ることができます。

このときに割り振った点数で獲得できる技能ランクは、以下の通りです。
1点=★  2点=★★  3点=★★+  4点=★★+S

ただしこのとき、技能によってはヒーローの属する種族では選べないものがありますので、注意が必要です。ヒーローは、ゲーム中の訓練と経験によって、これから先においてもより多くの技能を獲得する機会があります。

重要 ヒーローが<魔法>の技能を選択したいならば、それに関連した部分も参照してください。<魔法>は技能としてもさらに特殊な分野なので、他の技能と比べてルールが多少複雑になっています。

技能の使い方
冒険中に技能が当てはまるようになった状況になったとき、その行動の成否について判定します。これを技術チェックといいます。ヒーローは、2D6を振って現在の技術点+技能ランクによるボーナス(+1または+2)以下を出せば、技術チェックに成功することになります。
また、その技能を用いて相手と能力を競い合う状況になるときがあります(それが最も使用される状況は、命を懸けて殺し合う戦闘でしょう)。このときの判定を対抗チェックといいます。ヒーローは、現在の技術点+技能ランクによるボーナス(+1または+2)に2D6を足した値が、相手が同じように出した値を上回れば、相手に勝利したことになります。
技能を持っておらず、その行動をカバーできない状況のときは、現在の技術点-2で判定することになります(※)。
技術チェックにしても対抗チェックにしても、行動の難易度によって様々な修正が加わります。ですがその場合にしても、技術点にボーナスが加わる技能を持っていないよりも持っている方が、より有利な状況を作り出せるのはおわかりのとおりかと思います。
また、技術チェックにしても対抗チェックにしても、要求される技能を持っていないままチェックに挑む際には、現在の技術点-2で判定しなければなりません。ですので技能を数多く持つことは、それだけヒーローが判定に成功し、冒険で生き残る確率が高くなることになるとも言えます(これらの事柄について、詳しくは「様々なチェック」の項を参照してください)。
※例外として<魔法><暗視><古代の知識>の3つは、その技能を持っていなければ、技術点によるチェックを行うことはできません。そのため、結果は常に“失敗”となります。これらの技能はあまりにも特殊なため、学んでいない、または身についていないヒーローは、技術点でチェックすることができないのです。


☆スペシャル技☆

技能ランクが★★+Sに達したヒーローは、その技能について、自動的に得意技を習得します。この得意技のことをスペシャル技と言います。スペシャル技とは、ヒーローがあまりにもその分野について熟達したために、冒険において更なる強力な助けを与えてくれる、言わば技能の最終発展形です。

各々の技能の説明文を見ればわかるとおり、1つの技能には、必ず1つのスペシャル技が存在しています。そのためヒーローが成長して、★★+Sに伸ばした技能が2つ、3つと増えていけば、それに比例してヒーローが保有するスペシャル技の数も2つ、3つと増えていくことになります。

ヒーローは1回の冒険の――すなわち、ディレクターがシナリオの開始を宣言してから、シナリオ終了に至るまで――様々な局面において、原技術点分の回数だけスペシャル技を用いることができます。複数のスペシャル技を持っているなら、どれを何回使ってもかまいません。しかしあくまで全体の使用回数の上限は原技術点までです。この使用回数を使い切ってしまったら、残りの冒険の期間では、これから先どんなスペシャル技も発揮することはできません。ですからもちろん、スペシャル技の利用は計画的に行う必要があります!

スペシャル技を使用する局面は、あくまでもその技能で判定する局面でなければなりません。そのため、例えば戦闘において石弓で攻撃するときに、(例え持っていたとしても)曲剣のスペシャル技である≪円舞撃≫を使用することはできません。石弓で攻撃する際に使えるスペシャル技は、あくまでも石弓のスペシャル技である≪接近射撃≫でなければならないのです。

スペシャル技を使用するタイミングは、完全にプレイヤーの任意です。そのため例えば戦闘系技能のスペシャル技は、攻撃が命中した後に追加効果を与えるものが多いのですが、それらはしっかり攻撃が命中したのを確認した後で、プレイヤーはスペシャル技の使用を宣言することができます。

サンプル・ヒーロー その②
ブリッツが技能を選びます。彼はオールラウンドな戦士になろうと決心しました。10ランク分の技能ランクを…
<長剣>★★ <両手剣>★★ <鉾武器>★ <戦斧>★ <弓>★ <感知>★ <跳躍>★ <回避>★ …と割り振りました。
この結果、<長剣><両手剣>を用いる技術チェックと対抗チェックに+2ボーナス、<鉾武器><戦斧><弓><感知><跳躍><回避>を用いる技術チェックと対抗チェックに+1ボーナスが与えられます。この8つ以外の技能が要求されるチェックについては、現在の技術点-2の値で判定することになります。
アンセリカも同様に技能を選びます。彼女はあまり考えるのが得意ではないので、長所を一点集中型にしようと思いました。10 ランク分の技能ランクを…
<槍>★★+S <隠れ身>★★+S <感知>★★ …だけ割り振ります。
この結果、彼女は<槍><跳躍><感知>を用いる技術チェックと対抗チェックに+2ボーナス、さらに<槍><忍び歩き>が4ランクであることにより名声チェックに合計+4ボーナス(+2ボーナスが2つ)をもらうことができます。加えて、<槍>技能のスペシャル技である≪貫き刺し≫、<隠れ身>技能のスペシャル技である≪不意打ち≫を習得しています。ですが、この3つ以外の技能が要求されるチェックについては、現在の技術点-2の値で判定することになります。持っている技能の数がブリッツよりも少ないアンセリカは、様々な局面で課されるペナルティの困難さを知ることになるかもしれません。


技能リスト

それでは、手に入る技能を紹介します。このリストは簡単に参照できるようにグループ分けしています。またこれ以外にも、ディレクターが独自の技能をいくつか考え出すかもしれません。その場合はディレクターがそう告げるでしょう。また、この中にある技能のうち、用いられないものもあるかもしれません。その場合もディレクターがそう告げます。

ほとんどのヒーローは人間ですが、ドワーフ、エルフ、ハーフリングの種族を選ぶこともできます。これらの種族が選択できる技能については少しルールがありますので、人間以外の種族でヒーローを演じようと思っている人は、「人間以外の種族」の部分に目を通しておくことを勧めます。

戦闘系技能
<石弓> <曲刀> <細剣> <素手格闘> <戦斧> <短剣> <長剣> <特殊武器(どんな武器か明記)> <投げ武器> <鉾武器> <槍> <弓> <両手剣>←(ハーフリング獲得不可)
運動系技能
<泳ぎ> <回避> <騎乗> <剛力> <持久力> <跳躍> <登攀>
盗賊系技能
<鍵開け> <隠れ身> <感知> <手技> <賭博> <変装> <罠の知識>
知識系技能
<医療術> <海の知識> <歌舞楽曲> <言語感覚> <自然の知識> <説得> <地下の知識> <街の知識>←(エルフ獲得不可)
魔法系技能
<魔法>←(ドワーフ獲得不可)
異種族系技能
<暗視>←(ドワーフのみ選択可能)
<古代の知識>←(エルフのみ選択可能)
<調達>←(ハーフリングのみ選択可能)

関連記事



もくじ   3kaku_s_L.png   Comeback Fighting Fantasy!
*Edit ▽TB[0]   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。